アメリカと日本の探偵の違いについて

探偵の気になる調査料金の仕組み!

アメリカの探偵は、銃の所持が許可されています。

日本では探偵という職業は特別なものではありません。スーツを着ている時もあれば、私服の時もあります。それは、調査がバレないように環境に溶け込むためです。また、探偵だからといって特別になにかをしていいという事はありません。

 

しかし、アメリカの探偵の場合は、銃の所持が認められています。これを探偵になる特権だと考えるのか、そうではないのかという考え方は人によると思います。しかし、銃が所持できるから探偵になるという人はほとんどいないと思います。もしそういう人がいたのならば、探偵にはなるべきではありません。
人を簡単に殺してしまう銃は、決して安易に使ってはいけないからです。

 

アメリカで探偵が銃を持っていいのは、それだけ探偵が危険と隣り合わせだからではないかと思います。探偵だと色んな情報を入手するために、調査をする対象を選ぶ事ができません。時にはマフィアを調査する事だってあると思います。また、探偵だとバレて殺されかける時もあると思います。そういう時に、自分を守るために銃が必要です。決して乱射するわけではありません。できれば発砲しないで、威嚇をするだけにしたいです。

 

とはいえ、威嚇をしないといけないようなシチュエーションができてしまう探偵業は、アメリカでは大変だと思います。


ホーム サイトマップ
inserted by FC2 system